アンジェリック エッセンス

創造主とともに人生を創造していくスピリチュアル体験のシェア。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震関連10

東日本大震災で、東京湾岸などで被害があった地盤の液状化が、全国約150カ所で過去に繰り返し発生、最大11回も再発した地域があったとする研究を関東学院大の若松加寿江教授がまとめた。防災上、過去の発生を把握することが重要だと指摘している。

繰り返す液状化、150カ所で過去にも発生 研究者分析
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201105090393.html

 若松さんは、古文書や学術文献を使って、416年から2008年までの約1600年間に起きた地震約1千件を調べた。
その結果、噴砂や噴水、噴泥、地中構造物の浮き上がり、という液状化に伴う現象が150の地震で確認できた。

 液状化は計約1万6500カ所で起き、うち150カ所では、複数の地震で起きていた。平野や盆地ごとに集計すると、
濃尾平野と新潟平野が各11回、秋田・能代平野が10回、大阪平野が9回、関東平野が8回。釧路、十勝平野が各6回、
京都盆地が6回、長野盆地が3回だった。福岡平野でも2回あった。

 液状化は、地下水位が高く、砂が緩く堆積(たいせき)した地盤で起こる。海岸近くの平地や埋め立て地、内陸では大きな川
の流域で起きやすい。液状化の危険度予測地図を作って公表している自治体もあるが、過去の被災履歴も踏まえた判断が
有効だと若松さんは考える。「数十年から百数十年の単位で見た場合、一度液状化した所は、強い地震で再び液状化する
可能性が高いと考えた方がいい」

 再発について、若松さんは「液状化で地下水が噴出しても、地盤は締まらずに、かえって緩んだとの計測結果もある」と指摘。
原因は、
(1)液状化で一度バラバラになった砂粒の結びつきが以前より弱くなり、土の強度が低下する
(2)地震の揺れは、砂の層がまんべんなく締め固められるほど長くは続かない
(3)地下水が噴出する際に砂の地盤が攪拌(かくはん)されて再び緩く積もる、
などの説があるという。

 若松さんは、液状化地点を地図上で検索できるデータベースをまとめ、DVD「日本の液状化履歴マップ」(東京大学出版会、
税込み2万1千円)を出版した。「印税は震災復興に寄付したい」と話している。(吉田晋)

2万1千円ださなくても以下のサイトに載ってます。

地下空間浸水対策用浸水実績図について
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/suigai_kiroku/jisekizu/jisekizu.html

東京の液状化予測
http://doboku.metro.tokyo.jp/start/03-jyouhou/ekijyouka/

東京都の建物における液状化対策ポータルサイト
http://tokyo-toshiseibi-ekijoka.jp/

ちなみに
不動産取引において作成する重要事項説明書に
液状化の可能性や浸水履歴を告知する義務はないそうです。
不動産屋さんでなんの説明を受けなくても文句が言えません。
自力で調査するしかなさそうです。。。

ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://angelicessence.blog13.fc2.com/tb.php/988-3838523d

 * HOME * 

プロフィール


はっちゃん

  • Author:はっちゃん
  • 2004年、山川紘矢・亜希子夫妻の本を読む。
    スピリチュアルな世界に興味を持ち、その後お話会やセミナー、ワークショップ、スピリチュアルツアーなどを体験。
    2005年パワーストーン・セラピー終了。
    日本エドガー・ケイシーセンター会員。


最近の記事



ツリーカテゴリー



広告


ア マ ゾ ン


シンプルアーカイブ



最近のコメント



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近のトラックバック



あし@



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。