アンジェリック エッセンス

創造主とともに人生を創造していくスピリチュアル体験のシェア。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福になる脳の使い方 

幸福になる「脳の使い方」 (PHP新書)を読みました。

感情は脳がつくり出しています。
喜びや、悲しみ、怒りなどの感情が脳でつくられると、そこから身体の様々んな器官に指令が送られます。
脳は内分泌系やホルモン、免疫系などとも非常に深い関係があるので、脳か送らくられた神経伝達物質は、
やがて身体全体に影響を与えていきます。
いつもイライラしている人、不安でいっぱいな人、うつ病で元気が出ない人は、単に気分が落ち込んでいるというだけでなく、実際に内分泌系やホルモンの分泌が乱れているのです。
心の苦しみが、やがては身体の不調にまで発展してしまうのです。
そうならないために私たちができること、それは気分転換を味方につけることです。

気分転換には
1.積極的に変化したいなら、海外旅行はよい
2.幸福感を持続させるには、「今、自分に欠けていてゼロのものを、1にする」
3.パッシブ(受け身)よりアクティブ(積極的)の方が幸せになれる!


2.の今、自分に欠けていてゼロのものを、1にする
という概念は新鮮でした。
人はゼロのものが1になると嬉しいが、1が2、2が3、3が4になっても嬉しさはある程度以上増えていきません。故に、既に自分が持っているものをそれ以上増やしても、あまり幸福感はアップしません。故に、全く欠けているものを増やした方が幸せになりやすいのです。
ということなんですって。

確かに、ファーストラブが実った時とセカンドラブ、サードラブとその気持ちの喜びはファーストラブにかなわないもんな~などと納得してしまった私でした。

幸福になる「脳の使い方」 (PHP新書)幸福になる「脳の使い方」 (PHP新書)
(2013/01/17)
茂木 健一郎

商品詳細を見る


この本にちらっと出てくるキーワードが気になりました。
それは、ディフォルト・ネットワークというキーワード。
幸福になる「脳の使い方」 (PHP新書)よりも脳は0.1秒で恋をするという本の方がちょっと詳しく書いてあります。

脳には、「ディフォルト・ネットワーク」(default network)と呼ばれる部位があります。
脳の中には、「感情」や「運動」、「記憶」や「イメージ」といった、
それぞれの働きを担う部位が存在しているのですが、「ディフォルト・ネットワーク」とは、
それらをつないで束ねている中心的な役割を果たしています。

 通常、人間の脳は何かを考えている時に、より活発に活動しているものなのですが、
この「ディフォルト・ネットワーク」だけは特殊で、何か特定のことに目的を定めて考えている時には
活動が低下しており、反対に、何も考えていない時に活性化している。


メンテナンス時間を作った方が脳にとっては効率よく働き、
ひらめきを出してくれちゃうおまけ付で復活してくれるんだそうです。

ディフォルト・ネットワーク活性化には、散歩やゆっくり入った入浴がいいそうです。
瞑想が身体にいい理由もわかった気がします。

脳は0.1秒で恋をする脳は0.1秒で恋をする
(2009/07/16)
茂木 健一郎

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://angelicessence.blog13.fc2.com/tb.php/939-cda7aa80

 * HOME * 

プロフィール


はっちゃん

  • Author:はっちゃん
  • 2004年、山川紘矢・亜希子夫妻の本を読む。
    スピリチュアルな世界に興味を持ち、その後お話会やセミナー、ワークショップ、スピリチュアルツアーなどを体験。
    2005年パワーストーン・セラピー終了。
    日本エドガー・ケイシーセンター会員。


最近の記事



ツリーカテゴリー



広告


ア マ ゾ ン


シンプルアーカイブ



最近のコメント



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近のトラックバック



あし@



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。