アンジェリック エッセンス

創造主とともに人生を創造していくスピリチュアル体験のシェア。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法然上人VS明恵上人

親鸞 (上)親鸞 (下)を読んでいた時、ネットで色々検索したんですね。
親鸞上人の師匠は、法然上人なんですね。
親鸞上人は、法然上人の教えを受けてそれを信条にしています。

法然上人に関してもどんな信条だったのかを調べてみたりしていたところ・・・。
私の尊敬する明恵上人が法然上人を非難する本がでていたんですヨ。
えぇぇ~?明恵上人が法然上人を非難するなんて、なんで??なんで??どうして?
私の興味はそこに行きます。

明恵上人はなぜ法然上人を非難したかというと。
「念仏さえすれば誰でも救われる。他の行は一切捨てなさい。」と法然上人が言ったことが原因のようなのです。
菩提心まで捨てろと言い切った法然上人に対して
「一、菩提心を捨てる過失
二、聖道門を群賊に譬える過失」
と「摧邪輪」を書いて糾弾しています。
菩提心は仏教の根本なるもので、それを捨てることは間違っているということのようです。

そうなると私の脳みそは「菩提心って何?」となります。
菩提心(ぼだいしん)とは、菩提(悟り)を強く求めるこころのことだそうです。

色々読んでみると自己解釈になりますが。。
法然上人は、悟るなんて凡人には無理だからとにかく仏様にすがりなさいといいます(他力本願)。
でも、明恵上人は、悟ることを求める心があって修行をすれば悟ることができるといいます(自力本願)

これって、これって
ただ単に解釈の違いじゃないの?
と思ったのです。

お釈迦さまがおっしゃっていたことってソモソモどう教えたわけ?
お釈迦さまがおっしゃっていたこと(原始仏教)が基本で、
その時代に合わせた解釈がなされてきていて
その考え方が信仰を広めただけじゃないの?

なんてことをブツクサ考えていました。

実際のところ何が正しいかなんてわからないし
そういう思想がありますとしかいいようがない。

親鸞上人は、菩提心のことについては触れていないみたいなので(否定も肯定もせず)
結局は宇宙の法則で正しいかどうか?ではなくて
個人個人の自分にとっての正誤でしか判断するしかないもの
ではないのかなと思いました。

私は、それでいいんじゃないかなと思います。
色んな解釈も自分で味わってみて違和感があればやめればいいし
おいしいっって思えばしばらく味わってもいいし。
飽きたら違う味を試してもいいし。

色んな感じ方を味わってみた方が、私は宇宙に近づけるんじゃないかなと思うから。


ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://angelicessence.blog13.fc2.com/tb.php/846-723b1f33

 * HOME * 

プロフィール


はっちゃん

  • Author:はっちゃん
  • 2004年、山川紘矢・亜希子夫妻の本を読む。
    スピリチュアルな世界に興味を持ち、その後お話会やセミナー、ワークショップ、スピリチュアルツアーなどを体験。
    2005年パワーストーン・セラピー終了。
    日本エドガー・ケイシーセンター会員。


最近の記事



ツリーカテゴリー



広告


ア マ ゾ ン


シンプルアーカイブ



最近のコメント



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近のトラックバック



あし@



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。