アンジェリック エッセンス

創造主とともに人生を創造していくスピリチュアル体験のシェア。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒になる親

「毒になる親」を読みました。

怒りをコントロールできないのは
幼少時の親の対応によるものだ…
的なことが書かれています。

親のせいにしてよいのだろうか?
疑問がわきました。

幼少時、親は完璧だと思っていました。
だから、何か怒られると私が悪いのが当たり前でした。

でも、なんで自分が悪いのかわからない時もありました。
大きくなるにつれて、親は完璧だという幻想が壊れて
未熟なのだと気がつきました。
親の言うことをYESで聞いてきたけれど
心ではNOと思うことがたくさんありました。

きっと私と同じように
親が毒になるような経験をしたのかもしれない。

親が悪くてあなたは悪くない
そんな書き方、私は気に入りません。

だって、自己判断できるじゃないの。
毒になる親なら、解毒すればいいじゃないの。
と思ってしまいます。

誰だって
事故や病気、失恋、間違いあります。
もっといえば、つらいなと思うことが一切ない人生なんてないでしょう?
つらいことがあってもそのときをどう過ごしたか?
によっては人生がまた違ってくるはず。

怒ったり悲しくなったりする感情があるのが自然なんだと思います。

つらいことが起きたとき
それは自分にとって最も弱いところだったと
気がついてそのくせを直していけば
いつかつらくなくなるんじゃないかな。

誰かのせいにして(この本は親)逃げるより
自分でコントロールできる自由があった方が
ずっと幸せ。

苦労しても、不幸を選択なんてしない。

怒ったり悲しんだりすることによって
変わっていこうと思えるのが感情なんだと
思います。

せっかくたくさんの感情をもって生まれたんだもの。
その時の感情を見つめていれば
おのずと次の選択もわかってくるように思います。

どちらかというと反論したくなる本だったのだけど
逆にしっかり自分の考えが整理されてよかったのかなぁ(笑)

毒になる親毒になる親
(1999/03)
スーザン フォワード玉置 悟

商品詳細を見る




ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^) 今日もあなたにありがとうふるーつ☆Cultivation・愛(小)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

▽コメント

NoTitle

同感です。
じゃ、立派な親に育てられた子供は完璧なのかということになりますよね?優等生の犯罪は親のせいなんだろうか?
あんな親に育てられたから・・・全く自分がないんだよ。

長女が、「こうなったのもママのせいだ」といいます。
「ママのママはおばあちゃん。悪いところを見て、ああなりたくないと思って、生きてきた。反面教師というのもあるんだよ。人のせいにして、だから仕方ないと妥協したら、ママ以下だということだね。残念だね。
16歳過ぎたら自分で考えて行動するんだよ。人のせいにしていれば、人より劣るということなんだ。」

と言っています(^^) 長女、考えたのか、黙ってしまいました。

はすなさん<ありがとう

娘さん、はすなさんの娘に生まれて幸せですね^^
きっとすごい素敵な女性になるんだろうな。
自分で考えて答えを出していくこと。
結果はどうであれ、必ず身になっていることでしょう。
これから楽しみですね^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://angelicessence.blog13.fc2.com/tb.php/736-5c1d63e5

 * HOME * 

プロフィール


はっちゃん

  • Author:はっちゃん
  • 2004年、山川紘矢・亜希子夫妻の本を読む。
    スピリチュアルな世界に興味を持ち、その後お話会やセミナー、ワークショップ、スピリチュアルツアーなどを体験。
    2005年パワーストーン・セラピー終了。
    日本エドガー・ケイシーセンター会員。


最近の記事



ツリーカテゴリー



広告


ア マ ゾ ン


シンプルアーカイブ



最近のコメント



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近のトラックバック



あし@



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。