アンジェリック エッセンス

創造主とともに人生を創造していくスピリチュアル体験のシェア。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意志の力

代々医者の家系に生まれた了凡だったが、その父は早く死に、彼の少年時代には家勢は
衰えていた。
このため密かに心にしていた進士試験(現在の国家公務員試験)を受けて出世街道を歩
む余裕がなかった。

 そこで家業である医者への道を歩むのだが、そうこうしていたある日、偶然にであった老翁
から彼は「君は仕路(官吏)、即ち役人生活をする人である。来年は科挙の学問をどんどんや
るようになる運命にある。どうしてその道の勉強をしないのか」と諭される。

 そこで、老翁を家に案内し、母にその旨を話し、さらに「数を試みる(運勢を見てもらう)」と、
それまでの人生のことごとくが当たっている。それではということで一転、進士への道を歩
み出す。
 さらに何歳でどの試験に何番目で合格し、どの様な役所に入り、どれ程の禄を貰い、最
終は地方長官にまで出世し、何歳で死ぬ。また生涯子供には恵まれない、といったことま
で、老翁は占ってくれる。

 なる程、その後の了凡の人生は老翁の占い通りに進み、何度かの試験にパスし、確か
に進士の出世街道を突っ走る。
 そこで彼は「人間は進むも退くもちゃんと運命が定まっているのだ。出世の遅い早いと
いうようなこともみな運命で決まっていることなのだ。いくらやきもきしてもなるようにしか
ならぬのだと堅く信じるようになり、それ以来、ああしたいこうしたいいうような欲がすっか
りなくなってしまう。というよりそういうものを諦めてしまった」のである。

 一見それは、人間本来解かれることのない欲を捨てた「悟り」にも似ていた。
しかしそれは、決して本来の解脱の姿ではなかった。
ある日、南京の棲霞山(せいかざん)に雲谷禅師を尋ねた了凡は、悟りを得たつもりに
なっている心境を一気にぶち壊される体験に出会う。

南京・棲霞山(せいかざん)に雲谷禅師を訪ねた袁了凡の姿を見て、禅師は興味ありげに
彼を招き入れる。
 「あなたは、お若いにもかかわらず泰然自若としていて、悟り得た風貌をしておられる。
これまで、どのような修行をなさっておられたのか?」
 聞かれるままに了凡は答える。
 「とりたてた修業は致しておりません。
ただ家業の医者になるべく勉強していた子供の頃、ある日偶然にある老翁と出会った。
数を試みる(運勢を見る)その方から、君は仕路(官吏)に就く運命にあり、
何歳で進士試験に受かり、何歳で役人になり、どこまで立身出世して、何歳で死ぬ。
しかし子宝には恵まれない、と言われた。これまでの人生はその老翁の占い通りになっている。
つまり人間は進むも退くも運命が決まっている。それを知った時、ああもしたい、こうもしたい
という欲が無くなってしまった」

 それを聞いた雲谷禅師は「なんだ、そんな事か。それなら君は大馬鹿者だ」
と一喝し、運命について語り出す。
 「その老翁に占われて考えてきたようなことは、決して運命というものではない。
本当の運命とは我より立つる、立命でなければならぬ」

 雲谷禅師に懇々と諭されて、了凡は愕然とし、そして自らの考え方を一変させる。
そしてそれからは一心に修業に励むのだが、そうすると、それからの人生は老翁の予言
がことごとく外れるようになり、できないと言われた子供も生まれるし、死ぬと言われた
年齢を過ぎても死なない。そこで初めて迷いを脱するのである。
(引用文献『運命と立命ー陰隲録 安岡正篤著』)


ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^) 今日もあなたにありがとうふるーつ☆Cultivation・愛(小)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ



スポンサーサイト

▽コメント

私も、霊媒師に占ってもらったことが
ことごとくなずれ、ある哲学書に「神は霊媒にはかからぬ」と書かれてあったのを読み、愕然としたことがあります。運命は自分の内にあるものだと
わかりました。

YUKIEさん<ありがとう

運命は、自分自身が一番知っているのだと思います。眠りにつくと見る夢が魂の設計図と違う方向に行っていれば違う方向に行っていると知らせてきます。きちんと知らせを受けることができているのだから心配は無用ですよね^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://angelicessence.blog13.fc2.com/tb.php/691-aae8d034

 * HOME * 

プロフィール


はっちゃん

  • Author:はっちゃん
  • 2004年、山川紘矢・亜希子夫妻の本を読む。
    スピリチュアルな世界に興味を持ち、その後お話会やセミナー、ワークショップ、スピリチュアルツアーなどを体験。
    2005年パワーストーン・セラピー終了。
    日本エドガー・ケイシーセンター会員。


最近の記事



ツリーカテゴリー



広告


ア マ ゾ ン


シンプルアーカイブ



最近のコメント



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近のトラックバック



あし@



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。