アンジェリック エッセンス

創造主とともに人生を創造していくスピリチュアル体験のシェア。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<恐怖の記憶>酒を飲むと逆に強く残る

 恐怖体験をさせたラットにアルコールを注射すると注射していな
いラットより恐怖の記憶が長く残ることを、東京大の松木則夫教授
(薬品作用学)らが明らかにした。
松木教授は「嫌な出来事の後、酒を飲んで忘れようとしても、逆に
記憶が強く残ることになっているのかもしれない」と話す。米国の
精神生理薬理学誌に発表した。

 研究チームは、囲いに入れたラットに電気ショックを与えた。
翌日同じ囲いに入れると電気ショックがなくても恐怖の記憶がよみ
がえり、ラットはすくんで動きを止めた。
このラットをいったん外に出し、アルコールを注射する群と、生理
食塩水を注射する群の二つに分け、再び囲いに入れ観察した。

 その結果、アルコール群は、1週間経過しても注射前より強くす
くむ状態が続いた。2週間たっても、囲いの中ですくむ時間は1割
ほどしか減らなかった。一方、2週間後の食塩水群は、すくむ時間
がアルコールを注射したラットの半分近くだった。アルコールを注
射したラットに比べ、恐怖の記憶が薄まっている状態とみられた。

 ただ、楽しい記憶については、ラットでの実験が困難なため確認
できていないという。松木教授は「記憶は、獲得後にいったん固定
され、また思い出して不安定な状態になった後、再び固定されると
いう過程を繰り返し、徐々に薄まる。(深酒のときの記憶があいま
いなように)記憶獲得時のアルコールは獲得を阻害する働きがある
が、再固定ではアルコールに逆の効果があったため驚いた。嫌なこ
とを忘れるためには、酒を飲まずに楽しい記憶で上書きする方がよ
いのかもしれない」と話す。

東大研究チーム解明~毎日新聞抜粋

私はお酒を飲まないので、全然影響はないのだけど。
お酒を飲んで理性が失われたとき、本能というか肉体のレベルで
感じたこと(恐怖で身体が固まったり、悲しみで胸が痛くなったり)
がそのまま潜在意識に入ってしまうのではないでしょうか?


お酒を飲むなら楽しいお酒が一番ですよね^^
これからビールの季節、自棄酒はご用心bikkuri01

ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://angelicessence.blog13.fc2.com/tb.php/649-27e649ff

 * HOME * 

プロフィール


はっちゃん

  • Author:はっちゃん
  • 2004年、山川紘矢・亜希子夫妻の本を読む。
    スピリチュアルな世界に興味を持ち、その後お話会やセミナー、ワークショップ、スピリチュアルツアーなどを体験。
    2005年パワーストーン・セラピー終了。
    日本エドガー・ケイシーセンター会員。


最近の記事



ツリーカテゴリー



広告


ア マ ゾ ン


シンプルアーカイブ



最近のコメント



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近のトラックバック



あし@



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。