アンジェリック エッセンス

創造主とともに人生を創造していくスピリチュアル体験のシェア。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100歳だからこそ、伝えたいこと 2

100歳だからこそ、伝えたいこと―健康と生き方の秘訣を語る100歳だからこそ、伝えたいこと―健康と生き方の秘訣を語る
(2002/04)
塩谷 信男

商品詳細を見る


100歳だからこそ、伝えたいこと―健康と生き方の秘訣を語るから100のメッセージを伝えたいと思います。みなさんのこころに届きますように。


心のあり方
26.正しい心のもち方とは、次の三つである。
① 物事をすべて前向きに考える
② 感謝の心を忘れない
③ 愚痴をこぼさない

27.常に感謝していると、感謝しなくてはいけないことが起こってくる。

28.人を呪ったり、責めたり、恨んだりすると、想念の力で相手にダメージを与えることができる。
しかし、それ以上のお返しを自分も受けとることになる。

29.テレビやラジオは、さまざまな周波数をもった電波にチューニングを合わせてはじめて受信できる。
わたしたちの心もこれと同じで、自分の発する波動に同調する出来事しか起こってこないのである。

30.心の法則は、非常に科学的だ。
それは、水素と酸素が結合すると水になるのと同じで、だれがやっても同じ結果が出るということだ。

31.強烈な想念をもってすれば、お金を集めることなどお茶の子さいさいだ。
ただし、欲得からではなく、より大きな目標に必要なお金の場合だが。

32.わたしは金儲けは下手だし、お金の勘定も苦手だ。
しかし、必要なお金は必ず入ってきたので、不自由な思いをしたことはいっぺんもない。

33.実現することを当たり前のように信じてしまった淡々とした心境は、実は力を込めた信念よりも強い。

34.スイスのモンブランに登ったとき、あいにく雲に覆われていて視界はゼロだった。
みんなはあきらめて降りたが、わたしは一人残って、最後に降りようとしたご夫婦に「まもなく晴れます
よ」と声をかけた。それからしばらくして雲が動き、真っ青な空に、足元には一面の雲海が姿を見せ
た。すばらしい絶景である。何の根拠もなかったが、わたしには「自分が来たからには晴れないわけ
はない」という確固とした思いがあった。淡々と当たり前のように信じてしまった思いは強力なのだ。

35.ふとひらめいたこと、なにげなく思いついたこと、こういうことをバカにしないことだ。それは無意識
からの暗示であったり、宇宙無限力の意思にそったメッセージであることも多いからだ。

36.人間は誰もが「良い思い」「正しい心」をもっている。いつでもいくらでも、それを発揮することは可
能なのだ。

37.心は波動である。その波動は一人ひとり指紋のように違う。その波動に合わせて、体の状態もま
わりに起こってくる出来事も違ってくる。

38.悪いことを強く思えば、また否定的な感情を抱けば、すべて実現する。なぜなら神は人間に自由
意志を与えているからだ。だから人間は自分の思いや行動に責任をもたねばならない。

39.ゴルフは心の修養になるが、もう一つの面白さはプレーする人間の本当の姿が見えることだ。

40.いくら感謝が大切だといっても、どうしても感謝できない人もいる。
そいう人は感謝するふりをするだけでよい。こじつけでも口先だけでもよいから「ありがとう」といってみ
る。何度もそうしているうちに本当に感謝の念が起こってくるものだ。

41.わたしはゴルフで、自分の年と同じかそれ以下のスコアでまわるエイジシュートを3回達成してい
る。87歳のときのスコア83、92歳の時の92、94歳のときの94、常に前向きにチャレンジしていくこ
との大切さを知ってもらいたいのだ。

42.いくら宇宙無限力を使っても、物事がうまくいかないことはたくさんある。しかし、後から考えるとう
まくいかなくてよかったということもある。飛行機に乗り遅れたが、その飛行機が墜落してしまった、な
どというのはその最たるものだ。

43.病気は生きる意味と価値を教えてくれる絶好の教師でもある。人生の意味を深く考えるようにな
るからだ。

44.感謝するのに特別のことは何も必要ない。ただ、今生かされていることに感謝をすればよい。

45.大きな目で見れば、今日の苦は明日の楽とつながり、不幸はあらたな幸せの始まりなのだ。

46.もし何かに失敗したとしても、それは成功への妙薬を得たと思うことだ。

47.必要なものは必ず手に入る。そういう信念をもって、必要なときには想念を発する。そして、宇宙
無限力を受けやすい「正しい心」を常に心がけておくことが大切だ。

48.心に不平不満があって吐き出したいときでも、ぶつぶつと愚痴をいうのではなく、大きな声で笑い
飛ばすようにするのがよい。そしてその後はさっぱりと忘れてしまうことだ。

49.観念の遊戯に陥ってはならない。いくらこの世は幻だといっても、病人にとって病気は現に存在し
ているのだ。足元から目をそらさず、現実に対処することのほうが尊い。

50.わたしは手当て療法や遠隔治療のように超科学的手法にも関心をもってためしてきたが、現代
医学や科学を否定することはなかった。むしろ、科学の上に想念や見えない力の活用を上乗せしてい
たのである。

51.どんな人にも神から与えられた天命というものがある。だから、それは無理して探さなくてもよ
い。自分の立場や能力に合わせて、無理なくできることからやっていく。そのうちにこれが天命だった
のかと後から気づくものだ。

52.必要なものに困ることはない。この信念があれば、ものへのこだわりもだんだんと希薄になってく
る。

53.無限に存在する宇宙エネルギーを活用できる時代がやがてくるだろう。そうなればエネルギー問
題は解決する。しかし、それを使う人間の心のほうが問題だ。もっと人間は賢明にならないといけない。

54.あなたがもし何かに不足や不満を感じているのなら、本来は必要のないもの、よけいなものを欲
しがっているのだと考えてみる必要がある。

ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://angelicessence.blog13.fc2.com/tb.php/633-066e0d7f

 * HOME * 

プロフィール


はっちゃん

  • Author:はっちゃん
  • 2004年、山川紘矢・亜希子夫妻の本を読む。
    スピリチュアルな世界に興味を持ち、その後お話会やセミナー、ワークショップ、スピリチュアルツアーなどを体験。
    2005年パワーストーン・セラピー終了。
    日本エドガー・ケイシーセンター会員。


最近の記事



ツリーカテゴリー



広告


ア マ ゾ ン


シンプルアーカイブ



最近のコメント



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近のトラックバック



あし@



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。