アンジェリック エッセンス

創造主とともに人生を創造していくスピリチュアル体験のシェア。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の古いお話

ある男は名馬を手に入れた。
すると隣の人が来てこう言った。
「君はすばらしい馬を手に入れることができて、ラッキーだね。」と。
すると男はこう言った。
「これがどうして良いことだってわかるんだい?」


しばらくして、たまたま近くを通りがかった王様が
その馬を見てこう言った。
「君の馬はとてもすばらしい、ぜひ譲ってくれ。お金はいくらでも払おう」と。
それを聞いた隣の人は「良かったじゃないか、これで君も大金持ちだ」と言った。
しかし、男は「私にとってこの馬は家族同然。とても大切な存在だから、お金には換えられない」
そう言って、その申し出を簡単に断ってしまった。


すると翌日、馬は逃げていなくなってしまった。
隣の人が来てこう言った。
「ほらみろ。だからあの時譲っていればよかったのに。
 馬も失って、お金も手に入れられずに、君は全くツイてないね。」と。
すると男はこう言った。
「どうしてこれがツイないことだって君にわかるんだい?」と。


1年後、馬は子馬を連れて帰ってきた。
隣の人は言った。
「良かったじゃないか、馬が帰ってきて。」
すると男はこう言った。
「どうしてこれが良いことだってわかるんだい?」と。


しばらくして、男の子供が子馬と遊んでいると
馬から落ちて、足を骨折してしまった。
それを見て隣の人が「君の息子さんも気の毒にな」と同情した。
しかし、男は言った。
「足が不自由になったことが、どうしてかわいそうなことだとわかるんだい?」と。


そして、しばらくして戦争が起こった。
隣の人の息子は、戦争で亡くなり、帰らぬ人となった。
隣の人が言った。
「君はラッキーだね、君の息子さんは足を折ったおかげで徴兵を免れて、
 今も元気に生きている。しかし私の息子はいなくなってしまった。
 私はなんて不幸なんだろう・・・」

すると男は言った。
「どうしてそれが不幸なことだって君にわかるんだい?」と。



ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://angelicessence.blog13.fc2.com/tb.php/617-f1365468

 * HOME * 

プロフィール


はっちゃん

  • Author:はっちゃん
  • 2004年、山川紘矢・亜希子夫妻の本を読む。
    スピリチュアルな世界に興味を持ち、その後お話会やセミナー、ワークショップ、スピリチュアルツアーなどを体験。
    2005年パワーストーン・セラピー終了。
    日本エドガー・ケイシーセンター会員。


最近の記事



ツリーカテゴリー



広告


ア マ ゾ ン


シンプルアーカイブ



最近のコメント



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近のトラックバック



あし@



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。