アンジェリック エッセンス

創造主とともに人生を創造していくスピリチュアル体験のシェア。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒔いた種は刈り取られる

蒔いた種は刈り取られる

「神をだますことはできない。(あなたが)蒔いたものは、いつかどこかで必
ず刈り取らなければならない」3660-1

ケイシーの有名なリーディングです。

「正直に言えば自分に対してひどいことをした人がもし目の前で転んだら私は
「ほらね」って思います。心の中ではヤッター!って喜んでしまっているかも
しれません。」と光田会長に私は言いました。

人を裁いてはならぬとケイシーは言いました。
自分に対してひどいことをした人に幸せを祈ることはとても難しいことです。
少なくとも私には大きな課題です。
光田会長は、「宇宙への信頼が足りないのでしょう」と教えてくれました。

「人は蒔いた種を必ず刈り取るようにできているのだから宇宙を信頼していれば
必ずなんらかの結果が自分の見ていないところで起きているのです。宇宙を信
頼していれば、自分がネガティブな感情のままにおくこともありません。楽で
すよ(^^)」と明るく答えてくれました(笑)。

そうなのです。
宇宙を信頼すればこそ自分のネガティブな感情を手放すことができるのだった
と思いました。
宇宙が判断すればよいことを自分が判断する必要がないのです。
宇宙にお任せが一番なのでしょうね。
自分におきていることも他人におきていることもこれからは宇宙におまかせ!
です。(^^)

余談ですが、他の人のお話で。
自分のことをイジめていた上司に対して「お幸せを祈ります」と祈っていたら
その上司は左遷させられたとのこと。
「不幸になれと祈るより幸せになれと祈ると余計不幸なことが相手に降り注ぐ
んだよ」と彼は言っていました。
その人にとって魂の成長に必要なことが起きますようにと祈ること自体は悪い
ことではないですけど、怖いです・・・。(^^;;
スポンサーサイト

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://angelicessence.blog13.fc2.com/tb.php/280-3ddeaab0

 * HOME * 

プロフィール


はっちゃん

  • Author:はっちゃん
  • 2004年、山川紘矢・亜希子夫妻の本を読む。
    スピリチュアルな世界に興味を持ち、その後お話会やセミナー、ワークショップ、スピリチュアルツアーなどを体験。
    2005年パワーストーン・セラピー終了。
    日本エドガー・ケイシーセンター会員。


最近の記事



ツリーカテゴリー



広告


ア マ ゾ ン


シンプルアーカイブ



最近のコメント



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近のトラックバック



あし@



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。