アンジェリック エッセンス

創造主とともに人生を創造していくスピリチュアル体験のシェア。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震関連7

今週、気になったニュースをみましたのでご紹介します。
ニュースはリンク切れをしてしまうので、全文転載しました。


建築通信新聞

http://www.kensetsunews.com/?p=34013

【南海トラフ地域は半数近く】
 関東以南の太平洋沿岸地域にある臨海部コンビナート施設の約35%が巨大地震発生によって
「液状化危険度が極めて高く、対策が不可避」であることが、経済産業省資源エネルギー庁の調査
で分かった。東日本大震災を契機に臨海部コンビナート施設の液状化懸念が指摘されていたが、
企業保有の民有地のため、地震による液状化調査は進んでいなかった。国土交通省とエネ庁は
コンビナート港湾の強靱化を進める方針を決めており、今回の調査結果を受け、太平洋沿岸の民
有地にあるコンビナートの液状化対策が進むことは確実だ。

 エネ庁は、首都直下地震と南海トラフ巨大地震が発生した場合の、東京湾など関東地区2827
地点と、伊勢湾など中部地区と大阪湾など近畿地区、中国・四国地区、九州・沖縄地区を合わせ
た3327地点で液状化判定を実施。

 その結果、東京湾など関東地区で液状化危険度が極めて高いのは25%の707地点となった。
液状化危険度が高いと判定された836地点を加えると1543地点と全体の54.6%を占める。

 一方、南海トラフ巨大地震を想定した伊勢湾以南では、液状化危険度が極めて高いと判定され
たのは43.3%の1441地点で、液状化危険度が高いと判定された757地点を加えると2198地
点、61%にまで上った。

 これまで臨海部コンビナートについては大規模地震が発生した場合、危険物の流出や引火・爆発
などで港湾内だけでなく市街地への大規模被害を招くほか、施設が被害を受けることで石油・ガソ
リンなどの製品出荷含めサプライチェーンの大きな影響を与えるとして、コンビナート施設の耐震化
を含めた強靱化の必要性が指摘されていた。

 特に、東京湾岸地区のコンビナートについて、早大の濱田政則教授は首都直下地震が発生した場
合、広範囲に液状化発生の可能性が高いとし、早期に公的支援で対策を進めるべきと警鐘を鳴らし
てきた。
[ 2014-06-25 1面]

NHKオンライン
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140623/k10015440871000.html
巨大地震 地盤ずれ動く「側方流動」のおそれ 6月23日 19時39分

想定される首都直下地震や南海トラフの巨大地震などの際に、東京湾や大阪湾などの臨海部のコン
ビナートで、どのような被害が予測されるのか、国による初めての調査結果が23日にまとまりました。

調査した全体の3分の1余りの地点で、深刻な液状化の起きる危険性が極めて高く、東京湾などでは、
場所によって地盤が横に大きくずれ動く「側方流動」という現象が起き、影響が長期間に及ぶおそれが
あることが分かりました。

この調査は、想定される首都直下地震や南海トラフの巨大地震などで、現在の法律で定めた基準を超
える揺れが起きた場合に、コンビナートの地盤や設備にどのような被害が予測されるかを把握するため、
国が去年からことしにかけて、関東から九州・沖縄にかけての25の製油所や化学工場、それに製鉄所
を対象に、専門家に依頼して行い、23日、その結果が報告されました。

それによりますと、敷地内の6000か所余りについて、液状化の危険性を調べたところ、全体のおよそ
35%の地点で、深刻な液状化の起きる危険性が極めて高く、より詳しい調査と対策が不可欠とされま
した。

また、敷地内の90か所の護岸について、液状化によって地盤などが横にずれ動く「側方流動」の影響
を調べたところ、全体の半数余りの地点で、1メートル以上のずれが生じるおそれがあり、さらに東京湾
の24%、東海から西の13%の地点では、ずれの大きさが3メートル以上に達して護岸が崩 れたり、地
盤が大きく変形したりするおそれのあることが分かりました。

専門家によりますと、側方流動によるずれが3メートル以上になると、地中の構造物が壊れたり、対策を
していない地上のタンクなどが傾いたりして、影響が長期間におよぶおそれがあるということです。

国は今後、5年から7年かけて、総額およそ1000億円の補助金を交付して製油所の護岸の強化や重
要施設の耐震化を進めていくとしています。

調査を行った資源エネルギー庁は、「エネルギー供給は社会の継続に重要なので、被害を最小限にす
るとともに、地震で石油の精製機能が止まったとしても物流は止まらないよう、業界と一体となって対策
を進めたい」と話しています。

国による初のコンビナート調査
今回の調査は東京湾、伊勢湾、大阪湾と、中国地方、四国、九州、それに沖縄にある25か所のコンビ
ナートを対象に行われました。

東京湾のコンビナートには、想定される東京湾北部地震や三浦半島地震などの首都直下地震の揺れに
ついて、また、伊勢湾や大阪湾など東海から西のコンビナートには、国がおととし公表した南海トラフの巨
大地震などの揺れについて、地盤や施設への影響を調べました。

その結果、地盤の液状化の危険性については東京湾では調査地点の25%で、東海から西の地域では
43%で、それぞれ深刻な液状化の起きる危険性が極めて高く、より詳しい調査や対策が不可欠だという
結果になりました。

また、液状化によって地盤などが横にずれ動く「側方流動」の影響について調べたところ、東京湾の78%、
東海から西の地域では40%の地点で、地盤が1メートル以上横にずれ動くおそれがあり、3メートル以
上動くおそれがある地点も東京湾で24%、東海から西の地域で13%に達しました。

今回は想定される地震の揺れによるコンビナートの設備の耐震性への影響についても調査が行われま
した。
このうち、石油を精製する際に生じた余ったガスを燃やす「フレアスタック」という設備では、地震の揺れに
よって設計の限界を超える力がかかるとされたか所が、東京湾のコンビナートで42%、東海から西の地
域のコンビナートで37%に達しました。

また、東京湾にあるLPガスを貯蔵する球形のタンク23基については、調査した89か所のうち、32か所
で地震によってかかる力が性能を上回り、場合によっては破損や漏えいのおそれがあるという結果にな
りました。

民間企業のコンビナートについて、国が地盤や設備の耐震性を調べるのは今回が初めてで、資源エネル
ギー庁は、「今回の調査は現在の法令で求められる基準を上回った揺れが起きたらどうなるかを調べた
ものだ。企業に対策を促すとともに支援していきたい」と話しています。

過去の地震でも「側方流動」

コンビナートがある臨海部などの埋め立て地では、地下水の水位が比較的高いため、大きな地震の揺れ
によって「液状化現象」が起きやすいという特徴があり、過去の大きな地震の際に、たびたび液状化によ
る側方流動の被害を受けてきました。
側方流動は護岸によって囲われた地盤が、液状化によって護岸ごと海側に押し出され地盤が崩れる現象
で、地上の建物や地下の構造物などが破壊されるおそれがあります。

50年前の昭和39年に起きた「新潟地震」では、液状化によって地盤がずれ動き、建物を支える地中の杭
が折れる被害が確認されました。

また、平成7年の阪神・淡路大震災では、神戸港にあるコンビナートで地盤が3メートルから4メートル横に
ずれ動く大規模な側方流動がおき、壊れた配管からガスが漏れて付近の住民が避難したほか、施設の再
開までおよそ1年10か月かかりました。また、3年前の巨大地震でも関東などの臨海部で液状化が起き、
専門家による調査では、茨城県の港で、コンビナートからの油の流出を防ぐ堤防が沈下したり、壊れたり
したことが確認されたということです。

専門家「社会生活に与える影響大きい」
調査に関わった、地盤の液状化や側方流動のメカニズムに詳しい、早稲田大学の濱田政則名誉教授は
「今回の調査結果は、東京湾でも阪神・淡路大震災の際に神戸港で起きたのと同じ規模の液状化や側方
流動が起こる可能性を示している。さらに東京湾では危険物や高圧ガス施設の数が非常に多いので、万
が一、火災になると東京湾の海上を封鎖しなければならず、社会生活に与える影響も大きい」と説明して
います。
そのうえで濱田名誉教授は、「被害の予測では、かなりの護岸や地盤が壊れることになるので、国が対策
を進める際には、どの施設が重要かを評価して行うことが重要だ。また、どこに危険性があるのか、企業ど
うしが情報を共有する枠組みを作ることも必要だ」と話しています。

県別に地震の影響を見る
http://www.jishin.go.jp/main/yosokuchizu/kanto/kanto.htm


ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

地震関連6


JR田端駅近くから、飯田橋駅付近を通り、外濠に沿って四ツ谷駅付近
に至る全長約7kmの活断層が存在する可能性がある・・・。

首都縦断活断層
http://gendai.ismedia.jp/mwimgs/2/7/-/img_27acb11465709865cef09d97866cd866704764.jpg

古い年代の地層ほどずれが大きくなっており、20万年間に断層が繰り返し動いたとみられる。
地下深部で地震を起こす断層とつながっている可能性もある。
らしい・・・。

<断層> 地層の食い違いを断層という。
正断層は、岩盤に引っ張る力が働くことで一方が滑り落ちるようにずれる。
逆断層は、岩盤が圧縮されることで一方がもう一方に乗り上げる形でずれる。
プレートが押し合っている日本では正断層は活動しにくいとされる。
また活断層とは、最近活動したことがあり、今後地震を起こす可能性がある断層のこと。

調査していないだけで断層はどこでもあるのかもしれない。
地震によって新たに断層化してしまうのかもしれない。
どこに住んでも安全を得られないのが日本なのね・・・。

防災対策は念入りにするしかないのね・・・。

ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

地震関連5

「今後30年以内に数%」という値が日常生活において
無視出来るほど小さな値ではないことを理解するための参考情報です。

地震発生確率・地震動超過確率の例と日本の自然災害・事故等の発生確率の例
http://www.j-shis.bosai.go.jp/guide-to-accept-probability

今後30年間に起こる事故の発生確率
交通事故で死亡 0.2%
ひったくりに合う確率 1.2%
空き巣 3.4%
交通事故で負傷 24%

今後30年間に起こる震度6弱以上の地震
静岡・津 80%以上 
横浜・千葉・東京の下町
奈良・高知・大阪・徳島 60~80%
さいたま・東京の山の手 20~40%

今後30年間に以下の地震が起こる確率 87%
想定東海地震 87%
東南海地震 60~70%
南海地震 60%

この情報は2010年1月1日時点での確率です。
しかもこの時点で宮城県沖地震 99%
と記載されています。

この資料がいつ公開してあったのかはわからないけれど
東日本大震災が起こることは既にわかっていたことでした。

自分の状況を考え、自ら情報を得て対策する時代になったのだろうか。
情報は散乱しており、どの情報が自分の状況に合うのか取捨選択していかなければならないのか。

巨大地震は刻々と近づいてくるのは間違いない・・・。


ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

地震関連4

盲点でした。
原発だけが核施設と思っていた・・・思い込みです。
原発以外に核施設はあったのですね・・・。

文部科学省のサイトに全国の核施設が載っていました。
主な研究炉・ホットラボ等施設
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/041/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2009/09/04/1279712_5.pdf

特に・・・川崎市の東芝臨界実験装置は
羽田空港のソバじゃないか~

湾岸の近くには石油タンクが5500基以上あるのに
危険性を全く考慮していないとしかいいようがない。
原子炉がある場所は、早急に安全性を確認してほしい。=>当然政府に責任がある
巨大地震が起きた時本当に本当に大丈夫なんだな
100%責任とるんだろうな


ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

地震関連3

今、南海トラフ地震が起きれば東海地震もリンクしておこる確率もあり、そうなれば富士山の噴火も引き起こすことが
あるかもしれない・・・実際にそんなことが起きた300年前の宝永地震。

宝永地震は、宝永4年10月4日(1707年10月28日)、中部、近畿、四国、九州の広い地域にまたがり、東海地震・東南海・南海地震が同時に発生し、地震の規模はマグニチュード8.6と日本最大級の巨大地震と推定されている。
 地震による建物の倒壊と津波による被害は甚大なものがあった。宝永地震による倒壊家屋は、東海、近畿、中部、南部、四国、信濃、甲斐の国々で多く、北陸、山陽、山陰、九州にも及んだという。特に近畿地方内陸部の揺れは激しく、記録によれば倒壊家屋1800余戸、死者500余人となっているが、当時の人口からすると甚大な被害といえる。
http://www.bo-sai.co.jp/houeijisin.htm

世界遺産に登録された富士山の近くに引っ越す人が増えているという。
住みたいところに住む。これは基本だと思う。だから防災対策はしっかり考えてほしいと思う。

各都道府県が公開している土砂災害危険箇所と土砂災害警戒区域
http://www.mlit.go.jp/river/sabo/link_dosya_kiken.html

国土交通省 大規模盛土造成地マップの公表状況について
https://www.mlit.go.jp/toshi/toshi_fr1_000008.html

地理院地図 切土、盛土、厚い盛土」の区別を調べることができます
http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4

独立行政法人 防災科学技術研究所「地すべり地形分布図」
http://lsweb1.ess.bosai.go.jp/

国土検索情報サイト Kunijiban、国土交通省他
http://www.kunijiban.pwri.go.jp/jp/

ジオステーション
http://www.geo-stn.bosai.go.jp/jps/index.html

全国電子地盤図
http://www.denshi-jiban.jp/

ジオシティ(地盤情報ポータル)
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/2890/link_new/Geomap.html

ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 * HOME * 

プロフィール


はっちゃん

  • Author:はっちゃん
  • 2004年、山川紘矢・亜希子夫妻の本を読む。
    スピリチュアルな世界に興味を持ち、その後お話会やセミナー、ワークショップ、スピリチュアルツアーなどを体験。
    2005年パワーストーン・セラピー終了。
    日本エドガー・ケイシーセンター会員。


最近の記事



ツリーカテゴリー



広告


ア マ ゾ ン


シンプルアーカイブ



最近のコメント



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近のトラックバック



あし@



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。