アンジェリック エッセンス

創造主とともに人生を創造していくスピリチュアル体験のシェア。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢のとうふや

おかげ横丁を夕方5時ごろ歩いていると、あっという間にシャッターが下りて
店じまいになります。夕食を食べようと思っては、すし久くらいしか空いてなく(てこね寿司もおいしい)
他の選択肢がほしいところでした。
おかげ町通りから細い路地を五十鈴川に向かって歩くと夜19:30まで空いている「とうふや」がありました。
お店の新規開拓は楽しいです^^

とうふや5

三重県伊勢市宇治浦田1-4-1 
tel.fax 0596-28-1028
営業時間:11:00~14:00 17:00~20:00
(土曜日・日曜日・祝日は11:00~20:00)定休日/無休。
※但し、毎月1日・毎週水曜日の夜間営業はございません。
http://www.okageyokocho.co.jp/shop/toufu.html

◆五十鈴コース(豆腐と穴子のコース)3,500円を今回いただきました。
豆乳鍋にぶた肉が入っていたので、お肉NGの方は事前に確認してください。
おとうふは本当においしい~です。
しっかりと大豆の味はして、しかも口通りはなめらかです。
川沿いの風情も楽しめます。

とうふ料理が食べたいときは、とうふやもお勧めです


ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

クラウドアトラス

トム・ハンクス(いい映画に出ているイメージ)が出てるから見てみよう~と思っただけで観た映画「クラウド・アトラス」。


ネタバレしている部分はあるので、これから観たいと思っている方は
読まないでくださいね。

この「クラウドアトラス」を観始めて、すぐちょっとストレスを感じました。
だって、ちょっと物語が始まって進むとまた違う物語に飛ぶんです。
それは、観たいと思っているときにCMに飛ぶいやらしいTVの展開のようです。

この物語は、6つ展開していました。
その6つの物語は以下のようなものです。

① 1849年 南太平洋諸島 数奇な航海物語 
② 1936年 イギリス 幻の名曲の誕生秘話
③ 1973年 カリフォルニア 原子力発電所の恐るべき陰謀
④ 2012年 イギリス 平凡な編集者の類希な冒険
⑤ 2144年 ネオソウル クローン少女の革命
⑥ 2321年 ハワイ 崩壊後の地球の行方 

登場人物も違う別人として各物語に登場します。
つながりがあるものもあればなさそうなものもあって、
1回観ただけじゃ、全然わからなかった~。orz
エンドロールでちょっと配役がわかるんだけど
それまでリンクしないものもあったし
その複雑に絡み合った配役の意味も
実は何がいいたいのか私には難しくてわからなかった。

トム・ハンクスは、6物語で唯一理解できた配役だった。
上記①~⑥の時代に対応した配役が以下。

①ヘンリー・グース医師(悪人)
②安ホテルの支配人(悪人)
③アイザック・サックス博士(善人)
④作家ダーモット(悪人)
⑤映画の中のティモシー・カベンディッシュ(善人か悪人かは不明)
⑥ヴァリーズマン・ザックリー(悪と善を合わせ持つ)

テーマの1つは輪廻だと思う。
ほうき星のアザが生まれ変わりを示しているみたいだった。

私としては、この善人と悪人を行ったり来たりしていて
しかも、前世の影響がない、つながりがなさそうになっている。
③でアイザック・サックス博士は、ルイサに恋をして⑥で結ばれる。
というのはあったけれど、このつながりよりも、③は悪徳企業で働いていたのを
ルイサに出会って変わろうとするところに意味があるように思った。

ケイシー大好きな私としては、輪廻の映画は興味があるところ。
ケイシーも一番直近の前世で、ギャンブラーだった。
しかも、霊能力をもっているもんだから、ギャンブルは負け知らずで
あくどく稼いでは女と酒で自堕落な生活・・・。
霊能力を誤用したというカルマを作っちゃうんだよね。
で、今世生まれ変わったケイシーは超超善人だった。
ギャンブラーの人生を終えたら土星に行って忍耐力を学ばされたみたいだけれど。
だからこの映画もその部分は共感した。

善人と悪人の部分を合わせもったせいで、
⑥で、心の闇オールド・ジョージーが悪を囁くのも
魂の過程で乗り越えていくことを意味しているようにも思った。

ただ、この映画にはカルマ的な考えはなさそう。

⑤で出てくるソンミのセリフ
命は自分だけのものではない。
子宮から墓場まで、人は他者と繋がっている。
過去も現在も、すべての罪、あらゆる善意が未来を創る。

これがテーマかな?と思った。
テーマの1つとして、ソンミのセリフがあるとは思えたけれど
6つの物語を同時に進行して、なんとなく言いたいことも
なんか、薄くなってしまっているように感じたことがちょっと残念。
たぶん、1つ1つゆっくりじっくり観るととってもすごくいい映画なんだと思う。
私には1度観ただけでは理解できなかったから(頭のよい人は理解できるのかも)
もう1回観たいと思う。


人というものは、人生というものは「何度も何度も同じような間違いを繰り返す」
クラウドアトラス 公式ホームページ
http://wwws.warnerbros.co.jp/cloudatlas/index.html

ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

伊勢でベジ食

伊勢に行くと、食事はホテル近くか、伊勢うどんかてこね寿司だったのですが
今回はベジタリアンレストランを発見したので行ってきました。

喜心1


動物性食品・化学調味料・砂糖不使用のレストラン
菜食自然食 喜心
TEL 0596-26-2800
516-0073 三重県伊勢市吹上2丁目12-5
定休日 毎月・水曜日
営業時間 11:30~18:00(LO/17:30)
http://www9.ocn.ne.jp/~kishin/

喜心3

なんとなく神様に祈りをささげるため
食べるものを気をつけた方がいいのかも
と思いました。

日替定食1050円ごはん大もり+105円
喜心2

ちょっとわかりにくい場所ですが
民家を改装してあって風情があります。
伊勢でベジ食を食べたい方はお勧めです


ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

三十二相

お釈迦様の誕生日(4月8日)にちなんで
経典により多少の相違があるが仏像及び仏画は三十二相に倣って作成されるとのことで
三十二相のご紹介をしてみようと思います。
三十二相を読んでみると結構面白い(っていうか実物としてはあり得ないと思うから)。
扁平足は吉相なのね


1. 足下安平立相(そくげあんぴょうりゅうそう)
足の裏が平らで、地を歩くとき足裏と地と密着して、その間に髪の毛ほどの隙もない(扁平足)。

2. 足下二輪相(そくげにりんそう)
足裏に輪形の相(千輻輪)が現れている。仏足石はこれを表したもの。

3. 長指相(ちょうしそう)
10本の手指(もしくは手足指)が長くて繊細なこと。

4. 足跟広平相(そくげんこうびょうそう)
足のかかとが広く平らかである。

5. 手足指縵網相(しゅそくまんもうそう)
手足の各指の間に、鳥の水かきのような金色の膜がある。

6. 手足柔軟相(しゅそくにゅうなんそう)
手足が柔らかで色が紅赤であること。

7. 足趺高満相(そくふこうまんそう)
足趺すなわち足の甲が亀の背のように厚く盛り上がっている。

8. 伊泥延腨相(いでいえんせんそう)
足のふくらはぎが鹿王のように円く微妙な形をしていること。伊泥延は鹿の一種。

9. 正立手摩膝相(しょうりゅうしゅましっそう)
正立(直立)したとき両手が膝に届き、手先が膝をなでるくらい長い。

10. 陰蔵相(おんぞうそう)
馬や象のように陰相が隠されている(男根が体内に密蔵される)。

11. 身広長等相(しんこうじょうとうそう)
身体の縦広左右上下の量が等しい(身長と両手を広げた長さが等しい)。

12. 毛上向相(もうじょうこうそう)
体の全ての毛の先端が全て上になびき、右に巻いて、しかも紺青色を呈し柔軟である。

13. 一一孔一毛相(いちいちくいちもうそう)
身体の毛穴にはすべて一毛を生じ、その毛孔から微妙の香気を出し、毛の色は青瑠璃色である。

14. 金色相(こんじきそう)
身体手足全て黄金色に輝いている。

15. 丈光相(じょうこうそう)
身体から四方各一丈の光明を放っている(いわゆる後光(ごこう))。光背はこれを表す。

16. 細薄皮相(さいはくひそう)
皮膚が軟滑で一切の塵垢不浄を留めない。

17. 七処隆満相(しちしょりゅうまんそう)
両掌と両足の裏、両肩、うなじの七所の肉が円満で浄らかである。

18. 両腋下隆満相(りょうやくげりゅうまんそう)
両腋の下にも肉が付いていて、凹みがない。

19. 上身如獅子相(じょうしんにょししそう)
上半身に威厳があり、瑞厳なること獅子王のようである。

20. 大直身相(だいじきしんそう)
身体が広大端正で比類がない。

21. 肩円満相(けんえんまんそう)
両肩の相が丸く豊かである。円満。

22. 四十歯相(しじゅうしそう)
40本の歯を有し、それらは雪のように白く清潔である(常人は32歯)。

23. 歯斉相(しさいそう)
歯はみな大きさが等しく、硬く密であり一本のように並びが美しい。

24. 牙白相(げびゃくそう)
40歯以外に四牙あり、とくに白く大きく鋭利堅固である。

25. 獅子頬相(ししきょうそう)
両頬が隆満して獅子王のようである。

26. 味中得上味相(みちゅうとくじょうみそう)
何を食べても食物のその最上の味を味わえる。

27. 大舌相(だいぜつそう)
舌が軟薄で広く長く、口から出すと髪の生え際にまで届く。しかも、口に入っても一杯にはならない。

28. 梵声相(ぼんじょうそう)
声は清浄で、聞く者をして得益無量ならしめ、しかも遠くまで聞える。

29. 真青眼相(しんしょうげんそう)
眼は青い蓮華のように紺青である。

30. 牛眼瀟睫相(ぎゅうごんしょうそう)
睫が長く整っていて乱れず牛王のようである。

31. 頂髻相(ちょうけいそう)
頭の頂の肉が隆起して髻(もとどり)の形を成している。肉髻(にくけい)の事。

32. 白毫相(びゃくごうそう)
眉間に右巻きの白毛があり、光明を放つ。伸びると一丈五尺ある

ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 * HOME * 

プロフィール


はっちゃん

  • Author:はっちゃん
  • 2004年、山川紘矢・亜希子夫妻の本を読む。
    スピリチュアルな世界に興味を持ち、その後お話会やセミナー、ワークショップ、スピリチュアルツアーなどを体験。
    2005年パワーストーン・セラピー終了。
    日本エドガー・ケイシーセンター会員。


最近の記事



ツリーカテゴリー



広告


ア マ ゾ ン


シンプルアーカイブ



最近のコメント



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近のトラックバック



あし@



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。