アンジェリック エッセンス

創造主とともに人生を創造していくスピリチュアル体験のシェア。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンマのダルシャン

アンマのダルシャン(ハグ)に行ってきました。
アンマの来日プログラムサイト: http://www.amma-rainichi.org/

インドの聖者に会うとカルマが軽くなる・・・
心の静寂を得られるなどみたいなことを聞いたりしたことがあり(これも欲だと思うけど)
インドの聖者に会ってみたらどうなるんだろう?と興味が湧き(信者には怒られそうだけど)
インドに行くのは遠いので日本に来日してくれる抱きしめる聖者アンマのダルシャンを
選びました。

会場について、入り口で整理券をもらいました。
中に入って、案内の人にどれくらいの時間を待つのか?と聞いてみると
2~3時間ということでした。
かなり時間がかかるので、会場内と、品川周辺を見て回りました。

飲食コーナーで、カレーとジャガイモをまぶした揚げ物とバームクーヘン、チャイを注文。
チャイはかなり甘め。疲れていたのでちょうどよかったです。
お目当ては、ジョーディッシュでしたが、ダルシャンが始まる前後に抽選をするとかで
私が行った時には抽選が終わっていました。30分9000円(高いわ)

アンマが使用した物のお店があってみてみると
普通のハンドタオルが1500円(たぶん定価300円くらいだと思う)
バラの置物の裏をみたらキャンドゥのシールが(笑)
500円で売っていました。
アンマが着たパジャマは15000円くらい。
アンマがつけたアクセサリーも1万円くらいからありました。
アンマの名前が入った小皿も1万円くらい、どれもちょっと高いですね。
きっとファンにとっては何よりも代えがたいものなんでしょう。

インド雑貨は安いと思ってみていたけどどれも高い・・・、
インド雑貨店のものよりも質がいいかというと、微妙・・・。
ということでこちらのものはパスしました。

アルチャナという800円のCDを買いました。
108の神様の御名を唱えるチャントが入っているCDです。
このチャントを唱えるためのチャンティングブックが別売り(500円)していて
カタカナで書いてあります。

ダルシャンの順番がきたときに、列に並びます。
並ぶ入口に、アンマにささげる花とか果物が買えるようにショップがあります。
みんな花1輪(300円)、花束(1000~3000円)、果物(300円)など買って列に並んでいました。
私も寄付と思って花1輪(300円)をもって並びました。

いよいよ順番が近くなった時、おそばの方に「マントラをいただきたい」とお願いしました。
アンマのダルシャンの順番がきたのでアンマとハグしました。
耳元で何か囁いたので、スタップに聞いてみたら
波動(エネルギー)の種を入れているとのことでした。
ハグが終わると、マントララインに並んで待つようにと言われたのでアンマの近くて
待つことにしました。待つこと1時間半、さすがにトイレが行きたくなってトイレに行きたいと懇願(笑)
トイレから帰ってきたらようやくマントラをくださることになりました。

アンマのマントラは自分で何にするかを選ぶそうです。
愛、平和、平穏、光など人によって違うので何にするのか?と聞かれたので
私は、「GOD」と答えました。
アンマは花弁を私にかけて耳元でマントラを唱えました。
そのマントラをアンマのお弟子さんが聞き取り紙に書いてくれます。
そしてその意味もまた書いてくれます。
マントラは消して他言してはいけないと言われます。

マントラの意味を聞いた時、なるほどなと納得しました。
確かに私には必要なマントラだと思いました。

もし興味がある人がいたら、ぜひマントラをいただいてみてほしいと思いました。
まだ、明日と大阪での開催もあります。





ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

スポンサーサイト

 * HOME * 

プロフィール


はっちゃん

  • Author:はっちゃん
  • 2004年、山川紘矢・亜希子夫妻の本を読む。
    スピリチュアルな世界に興味を持ち、その後お話会やセミナー、ワークショップ、スピリチュアルツアーなどを体験。
    2005年パワーストーン・セラピー終了。
    日本エドガー・ケイシーセンター会員。


最近の記事



ツリーカテゴリー



広告


ア マ ゾ ン


シンプルアーカイブ



最近のコメント



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近のトラックバック



あし@



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。