アンジェリック エッセンス

創造主とともに人生を創造していくスピリチュアル体験のシェア。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神宮徴古館・農業館/神宮美術館 

御垣内参拝証を持っていると無料で
神宮徴古館・農業館/神宮美術館に入れます。

神宮美術館は、
特別展「生 ―歌会始御題によせて―」
を開催していました。

それぞれに、生きる描写が表現されていて
生きているそのものが美しいと感じます。
生きていること、そのものが感動~そんな気持ちになります。

神宮徴古館は、
神宮徴古館は伊勢神宮の「歴史と文化の総合博物館」です。
神宮のおまつりや歴史・文化に関する資料を中心に収蔵・展示し、
伊勢神宮を知るためには必見の博物館です。

皇大神宮模型があって、御垣内の中がわかります。
私的には、へぇぇぇっぇ~と思いました。
だって、外からは全然拝見できませんもの。
ジャンプしても無理(爆)

倭姫宮と隣り合わせの場所にありますので
ご参拝の折はご一緒にどうぞ^^

ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^) 今日もあなたにありがとうふるーつ☆Cultivation・愛(小)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ


スポンサーサイト

内宮

桜が咲いていました。
外宮より数倍人がいるように思います。
別宮に参拝する方はあまりいらっしゃらないのかな。

内宮桜(小)


五十鈴川で穢れを祓った後、瀧祭神さまへ。
瀧祭神さまに先に参拝すると正宮に参拝しに行く旨が伝わるといういわれがあったと
記憶しています。

御垣内参拝をして、御垣内から天照さまを正視します。
そして、御垣内参拝。
天照様の弥栄を祈念します。

内宮からの太陽(小)


隣の遷宮予定地はすでに塀に囲まれて拝することができません。
ちょっとがっかり…。

私の大好きな杉の木。2つの木の間を通って正宮に行きます。

内宮双子の樹(小)2


荒祭宮に行く途中の石段には4つに割れ「天」の字のように見える石があります。
この石は踏まぬ石と呼ばれ、避けて通らなければならないとされています。
踏まぬ石は天から降って来たと伝えられています。
宮司さんも定かではないけれど、ちょうど真ん中にあるので(真中は神様が通る道)
真中を避けて通るようになったのではないかと思っていらっしゃるようです。

踏まぬ石(小)

荒祭宮に参拝するとつい長く祈ってしまいます。
「帰らないとバスに遅れますよ…」と声が聞こえて急いでバス停に行くと
あと1分遅かったらバスがでていました。
やさしい心遣いがわかるとうれしいですね。

ブログランキングに参加しました。ポチッとよろしくです。(^-^) 今日もあなたにありがとうふるーつ☆Cultivation・愛(小)
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ



 * HOME *  »

プロフィール


はっちゃん

  • Author:はっちゃん
  • 2004年、山川紘矢・亜希子夫妻の本を読む。
    スピリチュアルな世界に興味を持ち、その後お話会やセミナー、ワークショップ、スピリチュアルツアーなどを体験。
    2005年パワーストーン・セラピー終了。
    日本エドガー・ケイシーセンター会員。


最近の記事



ツリーカテゴリー



広告


ア マ ゾ ン


シンプルアーカイブ



最近のコメント



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近のトラックバック



あし@



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。